:結婚式のスピーチの時間

結婚式のスピーチで、話す時間はどれくらいだろうかということからスピーチの内容が決まりますね。
一般的にスピーチの時間目安としては、だいたい3分から5分程度とされています。
もちろんこれより長くてもいいですが、400字詰め原稿用紙でだいたい5枚以下ということになります。

400字詰め原稿用紙1枚で話しをすると長さはだいたい一分程度になります。
原稿用紙5枚もと思われるかもしれませんが、これはゆっくりスピーチしての長さになりますから、もっと早口の方は原稿量が多くなります。
結婚式のスピーチは長いと周りが飽きてしまうということが多いのが現状です。
そうかと言ってあまり短いものでもよくはありません。
えっ、あの人何を話したの?と思われてしまうだけですから、できれば予定の時間ちょうどのスピーチにしましょう。
できれば、少し短めかなと思う程度がほどよい時間とされています。

人の集中は最初の10分とされていますし、結婚式の中ではなかなかみんなが集中して聞いているという場合ばかりではありません。
結婚式でスピーチするほうも、お願いするほうも、結婚式のスピーチは感動的なものがいいと誰もが思うでしょうが、自分の感じていることをゆっくりと、そして明るく話しをすればそれだけで素敵なものになります。

素朴なスピーチっていいと思いませんか?ですから、内容よりは、話し方やスピーチの時間で印象づけが変ってくるので、その点を結婚式のスピーチで注意すればきっと想いが伝わるスピーチになると思います。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(3) | 結婚式スピーチの基本

結婚式の披露宴の基本例文

結婚式や披露宴でスピーチをする場合、基本の3つの構成をおさえればきれいに話をまとめる事ができます。

3つの構成とは

1.新郎新婦へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介
2.新郎新婦にまつわるエピソード(二人のなれそめやそれぞれの良い人柄がわかるような話等)
3.結びの言葉とまとめ

というのが基本です。

基本構成がわかっていても、結婚式や披露宴に出席するのが初めてであればどんな言い回しが良いのかもわからない事もあるかもしれません。
そこでこの3つの構成に対する基本的な例文をご紹介します。
結婚披露宴のスピーチの王道ともいえる例文ですので覚えておくと今後便利です。

1.新郎新婦へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介

例)□□さん○○さん。ご結婚おめでとうございます。私は新郎の□□さんが勤務する会社で同期で一緒に働いている△△と申します。

2.新郎新婦にまつわるエピソード(二人のなれそめやそれぞれの良い人柄がわかるような話等)

例)二人のなれそめに関わっていればそういった話や職場の関係者であれば新郎新婦の良い人柄を思わせる仕事ぶりに関する話等、新郎新婦の良いイメージにつながる話を柔らかく話します。

3.結びの言葉とまとめ

例)お二人の末永い幸せを心からお祈り致しまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。本日は本当におめでとうございます。

今日のこの感激をいつまでも忘れる事なく、二人協力しあいながらいつまでも仲の良い夫婦でいて下さい。本日は誠におめでとうございます。

お祝いのスピーチはこの基本構成でカンペキです^^

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチの基本

結婚式は結婚する当人とそのご家族にとって晴れの門出となる記念すべき日です。
出席する親族や知人は心から二人の幸せが永遠に続く事を祈ってあげたいですね。

結婚式や披露宴は、普通に招待客として式に出席する分には何の問題もありませんが、歌やスピーチを依頼されるととても緊張するものです。
何をどう話そうか本を買い込んだりして一生懸命研究する方も多いのではないでしょうか。
そこで結婚披露宴のスピーチの基本的な組立て方を説明します。

結婚披露宴のスピーチは短すぎず長すぎず、3分程度を目安にして原稿を考えるのが良いと思います。
順序立てて考えていくと、スピーチを考えるのはそこまで難しいものではありません。

1.新郎新婦と両家へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介

まず始めには当人である新郎新婦、そしてその両家のご両親と親族の方に向けお祝いの言葉を述べます。
その後に自分が新郎新婦とどういったつながりがあるのかを簡単に自己紹介します。

2.新郎新婦にまつわるエピソードや人柄がわかるような話

結婚式の主役である新郎新婦を褒めて持ち上げるような話をするのが基本です。
新郎側は新婦を、新婦側は新郎をどんな人なのかわからない出席者も中にはいます。
良い人柄を思わせるようなエピソード等を取上げて簡潔にまとめましょう。

3.まとめ

新しい生活をスタートさせる新郎新婦に対する激励の言葉で話しを結び、最後にもう一度お祝いの言葉を添えて締めくくります。

この3つをおさえておけば、まとまりの良いスピーチになります。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチの注意

結婚式のスピーチはいろいろとあります。
最近は結婚式の形式もいろいろとあり、これと言ったきまりはないようには思えますが、結婚式のスピーチは新郎新婦と、どんな間柄でも守らなければならないルールというものもあります。
この結婚式のスピーチを守れば新郎・新婦・両家の親族、そして来賓の方々等に失礼なスピーチとはならないので、ぜひ守ってここちよいスピーチとなるようにしてください。

まず、スピーチの時間はきちんと守ることです。
長々とスピーチしてしまうのはしまりがなく、言っているほうもなにがいいたいのかまとまっていない、聞いているほうはなにを聞いていのやらと困ってしまうものです。
また、式の進行にも差し支えがある場合があります。
ですから、スピーチは端的にまとめるようにするのがコツでもあり、きまりです。

結婚式のスピーチの内容で使うことわざや格言、言葉は、きちんと意味を調べてから使うようにしましょう。
よく知っているかと言って本当の意味を間違えて使っていたりすることは多々あることです。
うっかり使ってしまって、お祝い事には向かない内容、言葉だったりすると大変なことになります。
一生に一度の結婚式ですから、もう一度はないのですから、きちんと調べてからスピーチをするようにしましょう。

結婚式用のスピーチの言葉もインターネットで検索するとすぐにわかりますので、手間を惜しまず調べていい言葉を捜してみるといいですね。
下調べするほうがふさわしいよい言葉も見つかるでしょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式スピーチ・友人編

もし大切な友人の結婚式のスピーチを頼まれたら、心のこもったスピーチでお祝いしてあげたいですよね。

「でも、困ったぞ、一体何を言ったらいいんだろう?」

初めて結婚式でスピーチをする人はもちろんですが、何回がスピーチを引き受けたことのある人でもスピーチ原稿を書くときには何を盛り込んだらよいのか迷うことがあるはずです。

そこで、ここでは結婚式のスピーチに相応しい言い回し・文例の紹介をしたいと思います。

友人代表としてスピーチを頼まれた場合、基本的には、
新郎、または新婦と自分との関係。 (例、「新婦とは大学時代のサークルで知り合い・・・」)
新郎、新婦と自分とがどれくらいの仲なのか。(例、「新郎とは一緒に旅行に行ったことなどもあり・・・」)
などを盛り込むのがコツだと言えます。

友人代表のスピーチを行うときに絶対に気をつけなければならないことがあります。

新郎、または新婦の過去の異性関係については言わないこと!
過去の異性関係をお祝いの場である結婚式で暴露されてしまっては、新郎も新婦も不快な気持ちになってしまいますよね。
どんなに新郎、または新婦と仲がよくても、これは気をつけましょう。

スピーチの例文としては次のようなものがあります。

▲くん、□ちゃん、ご結婚おめでとう。
ただいまご紹介にあずかりました○と申します。
□ちゃんとは高校生の時からの友人で、今に至るまで非常に仲良くさせて貰っています。
私は彼女とたくさんの思い出を作ってきましたが、なんといっても忘れられないのは私が将来のことで悩み、落ち込んでいるときにいつも側にいて励ましてくれたことです。
▲くん、□ちゃんは人の痛みを分かってあげられる、人に優しくしてあげられる、そして芯がとても強い素敵な女性です。
私は□ちゃんはその優しさと強さでこれからもずっと▲さんを支えていってくれると思います。
どうかお2人で暖かな家庭を作って言って下さい。
もう一度、お2人におめでとうの言葉を申し上げ、結びの言葉に変えたいと思います。

新郎や新婦の人柄を窺わせるような心温まるエピソードを盛り込むと良いでしょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(2) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチ・上司編

会社の部下に結婚式のスピーチを頼まれたとしたら、一体どのようなことに気とつけたらいいのでしょうか?
いくつか、スピーチをする際の注意点とコツを紹介したいと思います。

結婚式で会社の上司としてスピーチをする場合、まず気をつけなくてはならないことがあります。
それは、
1、会社の宣伝(自慢、紹介)ばかりしてしまう。
2、部下(新郎、または新婦)に対して説教臭いことばかり言ってしまう。

この2つには十分気をつけたほうが良いでしょう。特に会社の宣伝ばかりしてしまうというのはよくあるケースのようです。
せっかくの結婚式で新郎と新婦の気分を害してしまうことになりかねません。

スピーチを成功させるコツは、
部下(新郎、または新婦)が会社でどのように働いているのかを伝える。
ということだと思います。
新郎、または新婦が熱心な社員であり、人としても魅力的である、などということを盛り込むのが良いでしょう。
さらに、人生の先輩としてのアドバイスもスピーチの中に入れると良いでしょう。
しかし、ここで気をつけなくてはいけないのが、やはり説教臭くにならないようにするということです。
激励と説教の境目は難しいものがありますが、本人が励ましているつもりでも、聞いているほうにとってはお説教に聞こえてしまうこともあります。
スピーチ原稿を作ったら誰かに一度見てもらってアドバイスをもらうのもいいかもしれませんね。

以上のことを念頭に置き、十分に推敲した上で結婚式のスピーチに臨みましょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチ・同僚編

結婚式で同僚にスピーチを頼まれた場合、どのようなことを言うのが相応しく、またどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

まず、やはり会社、仕事先での様子についてスピーチするのが良いでしょう。
・仕事での成功談や失敗談。
・自分が見習うべき同僚の姿。
などを話すのがよいでしょう。
しかし、気をつけなくてはならないのが、失敗談についてです。
これは皆がおもわず笑ってしまうような微笑ましいものにするのがよいでしょう。
結婚式で自分が思い出したくない苦い思い出をスピーチのネタにされてしまっては、新郎も新婦もあまりいい気はしませんよね。
新郎と新婦の新しい人生の出発である結婚式に心温まるスピーチで花を添える、ということを忘れないようにしましょう。

会社の様子でのほかに、もし会社以外でのおつきあいがあるのならばそれについて触れるのも良いと思います。
ここでも気をつけなくてはならないのは、やはり新郎や新婦を不快な思いにするようなエピソードは避けましょう。
会社の以外でどんなに親しい関係でも、新郎や新婦の過去の異性関係の話などの暴露話をしたりするのは避けたほうがいいです。

会社以外でのお付き合いについて述べる場合は、新郎、または新婦の人柄に触れることをエピソードとして話すのがよいのではないでしょうか。
(例)よく一緒に食事に行くが、仕事についてのアドバイスをくれたり、悩みを親身に聞いてくれる。

難しいと思われがちな結婚式でのスピーチですが、以上のことを参考にすれば比較的簡単にできるのではないでしょうか。
素敵なスピーチで結婚式をさらにすばらしいものにしてあげましょう!

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式での乾杯のスピーチ

「それではご列席の皆様、ご唱和下さい! かんぱーーーい!」

慌ててガタガタと立ち上がる列席者。
中には座ったままの人も・・・。

列席者が起立するまえに乾杯の発声をしてしまって、列席者が慌てて立ち上がる。
こんな光景、結婚式でみたことはありませんか?


会社での肩書きが上がるにつれて結婚式のスピーチを頼まれることも多くなるのではないでしょうか。
スピーチにも色々ありますが、部下の結婚式の場合、乾杯のスピーチを頼まれることも少なくないと思います。

乾杯のスピーチは通常、新郎側の列席者の主賓の次席の方が行うことになっています。
たとえば、もし新郎側の主賓が会社の方たちであり、主賓が社長だとしたら、乾杯の音頭をとるのは副社長以下といったことになります。

さて、乾杯のスピーチはどのようにしたらいいのでしょうか?

結婚式の乾杯のスピーチの場合、とにかく短く要点や新郎新婦のエピソードだけをまとめて話し、乾杯の発声をするのがよいでしょう。
あまりにも長く話しすぎると「やっと食事ができると思ったのに・・・早くしてくれよ〜!」などと思う人もいます。
時間としては1分か、長くても2分がよいと思われます。
短く1分か2分程度の挨拶をした後、司会者の「それではみなさまご起立下さい」の合図の後、列席者が全員起立したのを確認してから乾杯の発声をします。


列席者の起立を待たずに乾杯の発声をしてしまうという他にも、グラスを持たずに手だけ上げて乾杯の発声をしてしまった、などというミスも多々あるようです。

緊張をほぐすために乾杯のスピーチの前には深呼吸してリラックスを心がけて臨みましょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式スピーチのタブー

結婚式でのスピーチは往々にしてつまらない。

と思っている人も多いはず。

みんなが言うのは同じことばかり。
「新郎の○○さんは〜、人柄も良く〜・・・会社では非常に人望もあり〜」
そんなのはつまらないから、俺が(私が)ひとつ何か面白いスピーチで盛り上げてやろう!

スピーチを頼まれてそう思う人もいますよね。
確かに皆がいいそうなことは避ける、というのもスピーチ成功のもとのひとつです。
しかし、結婚式では避けなければいけない言葉・話題というものがあります。
たとえば再婚の場合、
「離婚したときは本当に色々もめて大変だったけれど・・・今度こそ幸せになってちょうだい!!」

・・・ん?色々って?
・・・・今度こそって・・・どういうこと!?
そう思って不快に感じてしまう新郎新婦ももちろんいます。
そこで、結婚式のスピーチで気をつけなくてはならないことをいくつか挙げてみようと思います。

「早く2人の愛の結晶を・・・」
→家族のあり方が多様化してきた現代においてこのような言葉は余計なお世話ととられることも。

「こんなに若くて大丈夫なのかと心配になりますが・・・」
 →若いけれどもしっかりしている、というふうに言い換えましょう。

「ようやくこの話がまとまり・・・」
 →晩婚の場合、「この方に会うために今まで待っていた」などという方が良いです。

「なんと2人はできちゃった婚で・・・」
 →わざわざ言う必要のないことは避けましょう。

「姉さん女房」
 →年齢に触れるようなことはあまり好ましくありません。

これらのことを踏まえ、十分に気をつけた上であなたなりのスピーチを考えてみたらいかがでしょうか?
新郎・新婦の幸せの門出を心から祝福し、結婚式を素敵なものにしてあげましょう!

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチの言葉

結婚式のスピーチは、新郎新婦への最大の贈り物ですが、言葉によってはふさわしくない言葉とされている言葉が多くあります。
意外と知られていないので、少しご紹介します。
結婚式のスピーチのときに注意する忌み言葉では、飽きる、あせる、薄い、終わる、浅い、帰る、返す、かさねがさね、重ねる、悲しむ、嫌う、切れるなどがあります。

終わるや切れるという言葉はよくないとみんなが知っている言葉ではありますが、かさねがさねや重ねるという言葉も忌み言葉とは知られていないこともありますね。
また、他の忌み言葉には、去る、たびたび、壊れる、とんでもない、ではまた、流れる、冷える、放れる、再びなどがあります。
これがすべての忌み言葉ではないので、スピーチ原稿ができたら、言葉は適切か今一度調べてからスピーチ内容を検討しましょう。
これらの言葉は何気なく使ってすることが多いので結婚式のスピーチでは言い換えなければなりません。

そこで便利な言い換えのテクニックを紹介しますと同義語に言い換えることが、忌み言葉を避けることになります。
その例としては終わりになりましたがを結びにとか、帰るを帰宅する、帰省するなどと視点を変えて言い換えるとうまく表現できるようになります。
その他の例では家を出るは一人暮らしを始めて、などとすると結構言葉が浮かんでくると思います。
このテクニックを知っていれば、それほど悩むこともないと思うので参考にしてみてください。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式・新郎のスピーチ

幸せな2人の晴れの門出である結婚式。
その結婚式のラストを飾るのが新郎と新婦のスピーチです。

新婦のスピーチに感動のあまり号泣する新婦の父。
「おとうさん、ホラ、しっかりしてくださいよ。」といってハンカチを差し出す新婦の母。
会場全体が感動に包まれる瞬間です。

新婦のスピーチにはこれといった決まりがなく、両親に対する感謝の気持ちを述べるといのが普通です。
それとは対照的に、新郎のスピーチは作るのが難しいといったイメージがありませんか?

「ああ、明日が結婚式なのに、俺はまだスピーチの原稿を考えていないぞ、どうしよう・・・・」
一体何を言ったらいいんだろうかと考えて、式前日に慌ててしまう方もきっといるのではないでしょうか。
しかし新郎のスピーチには定石があり、その定石に従えばスピーチの原稿は簡単に作ることが出来るのです。

新郎のスピーチには次のことを盛り込むのが一応の決まりとなっています。

1.自己紹介。
2.列席者へのお礼とあいさつ。
3.時候の挨拶。
4.祝辞に対する感謝の言葉。
5.媒酌人と列席者に対する感謝の言葉。
6.結婚披露宴の感想。
7.パートナー(新婦)の紹介。
8.列席者へのご指導、ご鞭撻のお願い。
9.新郎・新婦の挙式後の生活について。
10.結びの言葉。

これらに沿ってスピーチ原稿を作れば比較的簡単に仕上げることができます。
これで挙式前日に焦らなくてもいいというわけです。

少し堅苦しいかな?と感じたら、これらの10の項目を基本として、それに自分で工夫した文章を付け加えてオリジナリティーを出すのも良いでしょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式・新婦のスピーチ

みなさん誰でも一度は結婚式に出席したことがあるのではないでしょうか。
まだ出席した経験がないという人でもテレビのドラマなんかで結婚式のシーンは見たことがあると思います。

結婚式の最後に必ず新郎・新婦のスピーチがありますよね。
「お父さん、お母さん・・・・今まで育ててくれて、本当にありがとう・・・。」
新婦が途中で言葉に詰まり、泣き始める。
そっと新婦の肩を抱く新郎。
頑固一徹、初めは新郎に向かって「キサマなんぞにウチの娘がやれるかぁ〜!」などと叫んでいた新婦の父も、娘の言葉にそっと目頭をおさえる。

そうそう、よく見るアレですね。

さて、新郎のスピーチと違い、新婦の行うスピーチには決まりきった定石といったものはありません。
しかし、自分を育ててくれた両親に対する感謝の気持ちを表す、というのが一般的であると思われます。

感謝の気持ちを表すと同時に、今まで言えなかったことなどをスピーチの中に盛り込むのもよいでしょう。

「お母さん、ごめんなさい。あの時お母さんのへそくりを使ったのは実は私なの」

・・・・
・・・・・・・
いえいえ、違います。

「お母さん、私、どうしてもあの時は反抗してしまって言えなかった。でも今なら言える。ありがとう。」
これです。これ。

そしてここで何よりも大切なのは、自分の素直な言葉で気持ちを表すということだと思います。
心の奥底から出た言葉は、人の心の奥底に響き、そして残るものです。

結婚式最後の新婦のスピーチは結婚式の最高のイベントのうちの一つです。
涙は感動のバロメーター。
幸せな涙は、会場全体をやさしく暖かく包みます。
感謝の気持ちを綴ったスピーチで、ご両親初め列席の皆さんを大いに泣かせてしまいましょう。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

結婚式のスピーチとは

結婚式のスピーチはどんなことを話そうかいろいろと迷ってしまいますね。

最近の結婚式は仏式、神式以外に人前などといろいろな形式があるので、披露宴というものもあまりこだわりというものがなくなってきてはいるものの、やはり、披露宴というものは歴史が長いものですから、そのしきたりなどのルールは守るべきでしょう。

もちろん、今どきにはと思う人も多いとは思いますし、結婚式スピーチで頭を抱えて悩んでいると、「どうせ教会で式挙げるんだし…」とか「若い人の結婚だから気にしなくていいや」なんていう考える方もいるかもしれません。
しかし、結婚式のスピーチをめんどうくさい風習と考えずに、結婚する二人への最大限の気遣いと考えたらやはり素敵ないいスピーチがいいですよね。

結婚式のスピーチは御代はゼロ(無料)ですが、けしてこれはお金に代えることができない、最大の贈り物です。
これほどすばらしいものはないと思いませんか?

結婚式のスピーチで悩んだら、本でいろいろなスピーチ文例集がありますのでそれを参考に使ってもよいですし、結婚式用のことわざを引用するといいでしょう。
結婚式のことわざは端的に、新郎新婦へ贈る言葉となります。
簡単で覚えてもらい易いことわざであれば、一生の思い出、または新郎新婦の支えとなる言葉になるのでしないでしょうか。
ちょっとの心遣いが結婚式を素敵なものとしてくれますので、少しスパイス利かせてスピーチしてみてはいかがですか。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本

英語で結婚式のスピーチ

グローバル化が進む現代、国際結婚も珍しくなくなりました。
知人に旦那さまがアメリカ人、奥様が日本人というご夫婦がいます。
2人はアメリカに永住することを決めたのですが、結婚式はアメリカと日本それぞれの場所で行うということになりました。
アメリカで披露宴をした後、何ヶ月か後に日本に行ってまた披露宴を行う、といった感じにしたいそうです。
そこでもし、
「結婚式のスピーチ、英語と日本語で2回、おねがいできないかな?」
と言われてしまったら?

英語でスピーチ!?
とんでもない!
日本語ですら、上手にスピーチできるかわからないのに!

そう思って慌ててしまうのは当然のことでしょう。
しかし、大切な友人の頼みです。
断るわけにはいかないし、心を込めた言葉でお祝いをしてあげたいですよね。

そんなときに使える英文の祝福のフレーズを集めてみました。

★May your wedding day be a new beginning to everlasting happiness.
(今日のこの日が永遠に続く幸福の始まりとなりますように!)

★Wishing you both all the happiness today and always.
(今日、そしてこれからの日々もずっと、お二人が幸せでありますように!)

★May this joy last forever .Congratulations!
(この喜びが永遠に続きますように。おめでとうございます!)

★Wishing you a loving and joyful life together.
(愛と幸せに満ちた日々をお2人で作っていけますように!)

★Wishing you both everlasting love and togetherness.
(お2人の永遠の愛と絆をお祈りします。)

★Congratulations! and heartfelt wishes for a very happy marriage!
(おめでとうございます!幸せな結婚を心からお祈りします!)

★Wishing you love,luck and happiness forever.
(お2人の幸福が永遠でありますように!)

是非、これらを参考にして、結婚式での英語のスピーチにチャレンジしてみてください。

posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本