結婚式の披露宴のスピ

結婚式の披露宴のスピーチでは、縁起が悪いものとして使ってはいけない言葉があります。
「忌み(いみ)言葉」といって、普段の生活で使う分には何の問題もない言葉でも、結婚式等のおめでたいお祝いの席のスピーチでは使う事を慎むのがマナーとされる言葉です。

日本語は難しいので、そのまま使ってしまうと忌み言葉となる言葉でも言葉を換えて使う事で大丈夫なものもあります。

一般的に忌み言葉とされるものをまとめてみますので、結婚式等でスピーチを依頼された場合には参考にして下さい。

◆忌み言葉とされる言葉

 ・別離(離婚)を連想させる言葉

  別れる・切れる・離れる・失う・出る・放す・逃げる・割れる・戻る・破れる・飽きる・去る・冷える等

スピーチの最後に「これでお祝いの言葉を終わります」というと、「終わる」が忌み言葉となりますので、「お祝いの言葉と換えさせて頂きます。」などといったように置き換えます。

また「最後になりますが..」の「最後」も忌み言葉です。「結びになりますが..」と置き換えましょう。

 ・人の不幸や不吉をイメージさせる言葉

  褪せる・滅ぶ・しまう・裂く・嫌う・倒れる・泣く・苦しい・とんでもない・壊れる・九・四・散る等

 ・再婚をイメージさせる言葉

  繰返し・なおまた・再度・ではまた・繰返す・再び・再三等

 ・重ね言葉

  さいさい・たびたび・ますます・重ね重ね・いろいろ・たびたび・またも・みなみな様・なおも・くれぐれも等

まだまだ他にもありますが、こういった言葉は日頃からスピーチの際に用いないように意識する事が重要です。

以前ほど忌み言葉は気にするものではなくなってきてはいますが、やはり結婚式は新郎新婦の門出を祝う場ですので縁起の悪い言葉は極力控えるようにしましょう。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785512

この記事へのトラックバック