結婚式のスピーチでのタブー

結婚式の披露宴でのスピーチでは新郎新婦にまつわるエピソードや人柄を思わせる話等をします。
この時にスピーチに盛込む内容は具体的に簡潔にまとめるようにします。

結婚式のスピーチで披露するエピソードは具体的であればどんな話でも良いのかというとそうではありません。
結婚式のスピーチには持ち出してはいけないエピソード等もあります。
「ついうっかり」では済まなくなる事もありますのでしっかりと頭に入れておきましょう。

新郎新婦の良い人柄をあらわすような話であったとしても結婚式というおめでたい場に向かない暗い内容の話はするできではありません。
たとえば新郎新婦のこれまでの苦労話や不幸な過去といった話は美談ではあるかもしれませんが、暗いイメージを与えおめでたい雰囲気を壊してしまいますので避けるべきです。

また新郎新婦に関する暴露話やこれまでの異性関係にまつわる話は決して持ち出してはいけません。
新郎新婦に対してだけでなく、結婚式には新郎新婦のご両親や親族も大勢列席しています。
新郎新婦のイメージを貶めるようなスピーチでせっかくの門出の日を台無しにするような事はタブーです。

結婚式の披露宴は新郎新婦の新しい出発をお祝いする場です。
その為のスピーチはあくまでも新郎新婦を持ち上げる内容の明るく楽しい雰囲気が保たれるものでなければいけないという事を忘れないようにしましょう。

また結婚式のスピーチでは、新郎新婦に対してばかりでなく、両家に対する心配りも必要です。
たとえば新郎新婦の家柄に格差があるような場合でも、片方の家柄ばかりを褒めたてたりしてはいけません。
たとえ親の社会的地位がどんなに高くても、そればかりを強調するようなスピーチはイヤミになりとても悪い印象を与えます。
結婚式の主役は新郎新婦である事を常に頭に置いておきましょう。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785510

この記事へのトラックバック