結婚式の披露宴での乾杯のスピーチ

結婚式の披露宴では大抵披露宴の冒頭部分で乾杯があります。
この結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは、一般的には新郎新婦の勤務先の上司や学生時代の恩師、親戚といった目上の方に依頼する事が多く、主賓格かそれと同等のレベルの列席者の人が行うのが基本的なパターンです。

乾杯の音頭をとる際には、一言二言程度のスピーチを始めに付け加えるのが通常です。
この結婚式の披露宴の乾杯の音頭をとるのを依頼する場合、気をつけるのは依頼する人に対し乾杯の音頭である事をきちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が通常のスピーチだと思ってしまうと、3分から5分の間列席者は全員立ってグラスを持ったままそのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいます。
列席者は全員が若く健康な人ばかりではありません。
それに中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口しグラスを置いてしまう人も出てしまいます。
こういった事にならないようにスピーチの依頼はその目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたいという場合には、あらかじめその事を司会者に伝え、スピーチしている間は列席者には座って聞いてもらい、音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯するといった流れにするとスムーズにいくと思います。

結婚式の披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチは、立ってグラスを持ったまま聞く列席者の事も考え30秒から1分程度でまとめるようにしましょう。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785508

この記事へのトラックバック