結婚式のスピーチを友人に頼む場合

結婚披露宴は多くの出席者の方から新郎新婦に対しお祝いの言葉が送られます。
親族の方や、職場の上司や新郎新婦とのつながりも様々な方からのスピーチがあります。

新郎新婦にとっては結婚式でスピーチを依頼するのに一番悩むのは友人に頼む場合ではないでしょうか。

場慣れした話し上手の友人がいれば何の問題もなくその友人に頼めば済みますが、物静かであまり進んで人前には出ないような友人が多い場合には、自分の結婚式でスピーチを頼む事が相手に負担を与えてしまうのではないかと心配になります。

そういった場合には、頼む友人にプレッシャーのかからないようなスピーチの仕方を設定してあげるとよいと思います。

親族や職場の上司のスピーチに比べ、友人からのスピーチは結婚披露宴の場が和むようなものが喜ばれるようです。

たとえば最近は仲人を立てずに結婚式を挙げるカップルも多いですね。
そういった時には、通常仲人さんがするべき新郎新婦それぞれの紹介(生い立ち等)を友人にしてもらうというのもひとつの方法だと思います。
できている原稿があれば、頼まれた友人側もプレッシャーなく応じる事ができるのではないでしょうか。
新婦の紹介を新郎の友人が、新郎の紹介を新婦の友人が行うというのも面白いアイデアだと思います。

また新郎は新婦に対して、新婦は新郎に対してそれぞれに宛てた手紙をあらかじめ書いておいてもらい、それをスピーチで発表するというのはどうでしょうか。
新婦が両親に宛てた手紙は結婚披露宴の定番ですが、本人同士に宛てた手紙というのは変わった趣向でうけると思います。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785506

この記事へのトラックバック