結婚式のスピーチの基本

結婚式は結婚する当人とそのご家族にとって晴れの門出となる記念すべき日です。
出席する親族や知人は心から二人の幸せが永遠に続く事を祈ってあげたいですね。

結婚式や披露宴は、普通に招待客として式に出席する分には何の問題もありませんが、歌やスピーチを依頼されるととても緊張するものです。
何をどう話そうか本を買い込んだりして一生懸命研究する方も多いのではないでしょうか。
そこで結婚披露宴のスピーチの基本的な組立て方を説明します。

結婚披露宴のスピーチは短すぎず長すぎず、3分程度を目安にして原稿を考えるのが良いと思います。
順序立てて考えていくと、スピーチを考えるのはそこまで難しいものではありません。

1.新郎新婦と両家へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介

まず始めには当人である新郎新婦、そしてその両家のご両親と親族の方に向けお祝いの言葉を述べます。
その後に自分が新郎新婦とどういったつながりがあるのかを簡単に自己紹介します。

2.新郎新婦にまつわるエピソードや人柄がわかるような話

結婚式の主役である新郎新婦を褒めて持ち上げるような話をするのが基本です。
新郎側は新婦を、新婦側は新郎をどんな人なのかわからない出席者も中にはいます。
良い人柄を思わせるようなエピソード等を取上げて簡潔にまとめましょう。

3.まとめ

新しい生活をスタートさせる新郎新婦に対する激励の言葉で話しを結び、最後にもう一度お祝いの言葉を添えて締めくくります。

この3つをおさえておけば、まとまりの良いスピーチになります。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785504

この記事へのトラックバック