結婚式のスピーチの原稿を考えましょう

今や結婚式もさまざまですが、結婚式のスピーチのきまりもひとつではないのですが、スピーチの基本構成というものをマスターしておきましょう。

まず、結婚式のスピーチの最初は初めのあいさつをします。
これは祝福の言葉、簡単な自己紹介(自分と新郎新婦の間柄等)を行います。
来賓の方々にあの人は誰?と思わせてしまうのではいけないので、まず自分のイメージを印象づけましょう。
スピーチは最初のイメージが大切ですから、最初の短時間でアピールすることは大切です。

次にエピソード等のスピーチの中心となる話をします。
この内容には新郎新婦の人柄やエピソードを盛り込んだりして、新郎新婦がどのような人かということ伝えます。
結婚式で新郎新婦が自分のイメージかを伝える場合がないときは、ここでどんと代わって新郎新婦を紹介しておきましょう。

そして、結びのあいさつです。
新郎新婦へのはなむけの言葉や激励などをして最後の結びの言葉を入れます。これが一般的な結婚式のスピーチの構成になります。
できれば、新郎新婦と事前に打ち合わせしておくといいと思います。

いろいろな人たちがスピーチをするのでしょうから、なるべく内容が重ならないほうがいいと思いますのでできる限り打ち合わせをしておきましょう。
もし、できない場合はエピソードなどはいくつかパターンを作っておくといいかもしれません。
当日内容が重なってしまった場合は違う内容も用意しておくと、より心のこもったスピーチとなることは間違いありません。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785499

この記事へのトラックバック