結婚式のスピーチ・同僚編

結婚式で同僚にスピーチを頼まれた場合、どのようなことを言うのが相応しく、またどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

まず、やはり会社、仕事先での様子についてスピーチするのが良いでしょう。
・仕事での成功談や失敗談。
・自分が見習うべき同僚の姿。
などを話すのがよいでしょう。
しかし、気をつけなくてはならないのが、失敗談についてです。
これは皆がおもわず笑ってしまうような微笑ましいものにするのがよいでしょう。
結婚式で自分が思い出したくない苦い思い出をスピーチのネタにされてしまっては、新郎も新婦もあまりいい気はしませんよね。
新郎と新婦の新しい人生の出発である結婚式に心温まるスピーチで花を添える、ということを忘れないようにしましょう。

会社の様子でのほかに、もし会社以外でのおつきあいがあるのならばそれについて触れるのも良いと思います。
ここでも気をつけなくてはならないのは、やはり新郎や新婦を不快な思いにするようなエピソードは避けましょう。
会社の以外でどんなに親しい関係でも、新郎や新婦の過去の異性関係の話などの暴露話をしたりするのは避けたほうがいいです。

会社以外でのお付き合いについて述べる場合は、新郎、または新婦の人柄に触れることをエピソードとして話すのがよいのではないでしょうか。
(例)よく一緒に食事に行くが、仕事についてのアドバイスをくれたり、悩みを親身に聞いてくれる。

難しいと思われがちな結婚式でのスピーチですが、以上のことを参考にすれば比較的簡単にできるのではないでしょうか。
素敵なスピーチで結婚式をさらにすばらしいものにしてあげましょう!
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチの基本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785498

この記事へのトラックバック