結婚式のスピーチの練習

結婚式のスピーチができあがったら、今度は読む練習をしましょう。
原稿は持参でもかまいませんが、やはり読むという形よりは伝えるという形でなるべく原稿がないようにしてスピーチをしたほうがいいでしょう。
そして、スピーチをしながら途中で言葉につまずいたり、失言したりということがないようにしっかりと練習することが大切ですね。

また、結婚式のスピーチで大切なのは、話すスピードです。
せっかくの内容も早口では誰にもわかりません。
早口で上手にしゃべれたとしても、人にはなにもわからなったわと言われてしまう可能性のほうが大きいですから、ゆっくりすぎるぐらいかなと思うぐらいのスピードでスピーチの練習をしてください。
やはり、結婚式は大人数の来賓の中でしゃべるので、いくら慣れている人でもやはり、上がってしまうということは多々あることです。
しっかりと聞いてもらうためには、しっかりとしたしゃべり方というものが必要です。

そして、スピーチを話す姿勢も大切です。
きれいに立つということもなかなかむずかしく、たとえ3分でも立っているということに慣れない私たちはつい姿勢も崩れてしまいます。スピーチの練習をするときは立って練習をするといいでしょう。
女性ならばできれば、当日はくヒールでスピーチの練習をするとなおいいでしょう。
実際の結婚式と状況を同じにすると当日のスピーチで上がってしまうということがないでしょう。

もちろん、話すという以外にもお辞儀などの立ち振る舞いすべてが美しくなるようにしましょう。
結婚式ですから場にふさわしくするということも大切な礼儀です。
posted by Jun at 03:13 | TrackBack(0) | 結婚式スピーチのコツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15785497

この記事へのトラックバック